フェイスブック、出会い機能を導入。2018年これからのマッチングアプリ、出会い系について

 

様々なマッチングアプリが出てきた現在。

色々なアプリで実際に出会ったり恋に発展した人は多いいのでは?

そんなマッチングアプリですが、本人認証のためにFacebookを利用する機会が多々あります

今回そのフェイスブックがついに出会い機能導入に踏み切りました。

 

フェイスブック出会い機能の導入

 

【5月2日 AFP】(更新)交流サイト(SNS)世界最大手、米フェイスブック(Facebook)のマーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)最高経営責任者(CEO)は5月1日、同サイトに近日、出会い機能を追加すると発表した。

 

各マッチングアプリで本人認証のために使用されていたフェイスブックがついに

自ら出会い機能の導入を発表いたしました。

 機能

 

気になる機能についてだが、

「ユーザーは通常のプロフィールとは別に、出会い機能専用のプロフィールを作ることができ、デート相手の好みや共通点、共通の友人を基に、マッチングの候補がお薦めされる」

 

この出会い用非公開プロフィールを作成すると、地元のグループやイベントの情報や、参加予定の人のプロフィールが観覧可能になるという。

 

米国での恋愛事情

 

ザッカーバーグ氏はこの新機能の発表に際し、米国で結婚するカップルの3組に1組がインターネット上で出会っており、フェイスブックのユーザー2億人が独身と自己申告していると言及しているという。

 

今後の機能について

ザッカーバーグCEOは同社の年次開発者会議でこの計画を発表し、

新サービスはその場限りの関係ではなく「本物の長期的な関係を築くためのものだ」と述べた。

フェイスブックは、数千万人のユーザーの個人情報が流出した問題で打撃を受けたばかり。

ザッカーバーグ氏は、新たな出会い機能はプライバシーと安全を徹底的に追求し開発されたと説明している。

 

 

日本ではこの機能はウケるのか?有効なのか?

 

フェイスブック側の動きとして

 

フェイスブックはそもそも出会い系として設立されたものであります。

この発表を受けてマッチングやICAらの出会い系の上場株は大きく下がっています

これまで出会い機能はなかったものの、

物の売買、人材、リクルーティングなど様々なヴァーチカル機能をリリースしています

そしてフェイスブック月間ユーザー22億人のうち2億人が独身であると開示しています。

これは”開示している”人数で2億人です。

筆者もそうですが、独身開示をしていなだけで独身な人はもっと数は多いいのは明白です。

ここにフェイスブックは着目しマーケットに食い込んできたわけです。

 

周り、地元の人に出会い機能を使ってるのがバレてしまう?

 

はてさて、この機能が日本でうまく機能してくれるかですが

こちら側の本音としては身近な人にはこういう機能してるのバレたくないですよね?笑

マッチングアプリではフェイスブックの本人認証をために登録をお願いしていますが

この機能だけでなく

身近な人とマッチングしないようにしているのです。

Facebookを登録することによって、自分の友達、知り合いである人とはマッチングしない仕組みです。

これってすごく便利ですよね!

地元のグループや参加する人のプロフィールが見れるようになると書いてありますが

この地元というのが問題で、

やっぱり地元の友達であるからこそ

「あ、こいつ出会い系やってる」

と思われたくないのでは?と思っています。

ここをどううまく処理してくれるかが見ものではありますね。

でも!このこの交流サイト(SNS)世界最大手のフェイスブックが公式に機能を提供する効果は大きいと思います。

出会い系、マッチングアプリは今でこそこれらの機能を使っているからと言って

”そうなんだ〜”、”へぇ〜”

くらいになったものの、まだまだ

”この出会い系やってるんだよね!”

堂々と言うにはどこか気恥ずかしさがありますよね?

これをフェスブックが解消してくれたら大きいのではないか?と考えています。

公式として、各地方でのイベントを開催することによって

”出会いだけを求める場”から”どこか気軽に参加できるイベント”として機能してくれれば

友達を誘って気軽に出会いる場として発揮してくれるのではないか?と思います。

こうなってくれれば堂々と参加して色々な方と出会うことができるようになりますね!

 

マッチングアプリよりFacebookを使うメリットはあるのか?

 

利用料金

 

まだ、出会い機能は追加されていないのでわかりませんが。

なんとこの出会い機能についての利用料金に関する言及はありません

これってものすごく大きいことで

マッチングアプリを使用する上で不安になってるのが個人的に

周りにバレないかどうか?

サクラ(本人ではない)かどうか?

そして利用料金の問題があったと思うんですよね。

今無料で使っている使っているフェイスブックの副次的な機能として無料で使用できることになったらとても大きいと思います。

信憑性の向上

 

思ってる感じの人ではなかった。

社会的ステータスの嘘をつかれた。

など今まで実際に出会い系を利用してこういう経験をした方は多いいのでは?

しかしこれからはFacebookを使うことで安心な時代がくるかも?

 

フェイスブックはみんなが使っているものなので

社会的なステータスのウソの心配が少ない(親しい友達がいるはずなので逆に監視の目になってる)

本人の日常、性格、雰囲気などを把握することができる(記事の投稿を見て)

本人の写真詐欺の危険性が下がる(本人の投稿、周りからのタグづけされた投稿も観覧できるため)

これらの出会い系を使う上で不安に思っていたものが解消できるのでは?と思っています。

 

自分の好み、タイプとより近い人とマッチングできる

 

フェイスブックの本当の強みはそう、情報量

先ほど述べたように今のアクティブユーザーが22億人

とても多くの方が利用されていますよね?

これがコンピューターによって

自分の好みを詳細に入力し、膨大なデータから自分の好みにより近い人にマッチングできたらとても素敵ではありませんか?

常日頃

あ〜こんな人いないかなあ?〇〇みたいな人いないかな?

と妄想を膨らませてる人も多いいはず

それがフェイスブックの情報量によってそんな妄想に抱いていた自分の王子様、お姫様と会える日がついにくるのではないか。

 

 

感想

 

今回発表されたばかりでまだまだわからないことも多いいですが

もしかすると既存の出会い系アプリに革新が起こるものかもしれません。

 

推測ではありますが、もし皆さんが想像してるような出会い系の姿として機能してくれるなら

今現在の出会い系機能として不満点を一掃してくれるものになるのでは?

と感じています。

 

まあ公開はまだなのですが 笑

しかし、近日なので注目して待ってみたいと思います。