漫画あひるの空|第579話・第578話 感想・無料で読む方法

 

前回|あひるの空(578話)のあらすじ

 

まどかが交通事故にあい怪我を負ってしまいました、、、

 

幸い大事にはいたりませんでしたが

 

患者さんを治す側の看護師のまどかにとっては体だけでなく精神的にも傷ついたことだと思います。

 

 

バスケの集まりに参加しましたがそこである女の子に声をかけられます。

 

それが高校時代まどかの最後の試合であった高校にいた

 

年下の女の子でした。

 

クズ高を格下と見ていましたがギリギリの試合になりそこから先輩たちの雰囲気が変わったと、

 

その想いを引き継いだその子が最上級生の時にインターハイへ

 

終わってしまってたと思っていた夢。

 

それが誰かの力になっていたのだと実感したまどかは泣いてしまいそうになります、、、、。

 

そしてついに物語は高校時代に戻り話が始まります

 



 

漫画あひるの空第579話ネタバレ

 

 


いつも通りに空がのんきに廊下を渡っていると

目の前からヤンキーのお兄さんたちとぶつかってしまいます

そして案の定空は絡まれてしまいます

 

華道部に入っているヤンキーくんは空たちが頑張っちゃってるせいで

学校が住みづらくなったと

「どーせインターハイなんか行けやしねー」

と言われてしまいますが空は

 

「必ず勝つから、その次も勝って必ずインターハイ行くから」

 

と強気に出ます。

 

そんなやっかまれている時に

 

水中ゴーグルをかぶり海パン姿の千秋が(*ココは学校です。)

(そしてなぜか手にはくるまった毛布、中からは手と足がはみ出ています。)

 

もちろんそんな千秋に思わずヤンキーくんも心の中でツッコミを入れて

尻込みして帰って行っちゃいました

 

空が百春の心配をし千秋に尋ねますが

 

千秋はそんなことは知らんと

 

そして逆に空に

 

この試合が最後でいいと思わなかったのか?

 

と尋ねます

 

しかし空はムキに思わなかったと答えます。

 

そんな空に対し、千秋はこのままラッキーが続き勝っていくのは厳しいと

 

次の試合で最後になる

 

という覚悟がこれから必要になってくるぞと

 

それでも空は

勝つまでは大栄と当たるまでは絶対に負けられないと。

 

次の対戦相手が大栄だと知っている千秋はポカーン

 

そして監督から次の対戦相手は横浜大栄だと空は聞きびっくり

 

こんな情報社会で知らなかった空にみんなが唖然 笑(空はいまだにガラケーです)

 

2、3年は前戦ったことがあるので因縁が

 

それを知っている監督は

 

絶対ここで玉砕はさせない、あくまでもここは通過点だと、、、

 

 

そして場所は移り、横浜大栄の体育館へ

 

空のライバルである鷹山が汗だくになって闘志を燃やしているカットで今回はおしまい

 

 

感想

 

 

ついに、ついにここまで来てしまいましたね、、、

 

「横浜大栄戦」

 

もうほんとーーに楽しみです!

 

丸高と同じそれ以上に因縁がある学校であります。

 

あひるの空はもう終わりが約束された物語ではありますが

ネットでも色々噂が出回ってますね

本当に負けてしまうのか、もしかしたら勝ってしまうのか分かりますが

とにかくもう目が離せません 笑

 

来週が楽しみでーーーーす!!