祝アニメ化決定!日向武史先生が描くバスケットボール漫画あひるの空

 

初めまして、まうです:)

 

今回は、アニメ化が決まった僕が大好きな漫画あひるの空について書いていこうと思います。

 

あひるの空ってどんな漫画?

 

ずばり!バスケの漫画です!!

 

バスケ漫画といえば国民的人気漫画スラムダンクを思い出す人が多いいのではないでしょうか?

 

“まう”ももちろん読んだことはありますが、とてもいい漫画ですよね:)

 

特に山王戦では胸が熱くなり、スラムダンク好きと多く語り合った方が多いいのでないでしょうか?

 

スランダンクはバスケットボールの熱い熱量が伝わってくるとても熱くなる漫画です。

 

そして今回紹介する漫画のあひるの空は、バスケあり、笑いあり、涙あり、の人間味溢れる漫画となっております。

 

人間味あふれるとは筆者の日向武史先生が明言されてましたが、

 

なんとあひるの空に出てくるほぼ全ての登場人物に対してのストーリーが練られているというのです、、、!!

 

 

その証拠に漫画の後半にはなってきますが、登場人物たちの今後の未来の姿が垣間見れる描写が所どころ見られたりします。(もーこれが色々な妄想と引き立てられてすごいです。助けてください先生。笑)

 

このためあひるの空はスラムダンクと比べて、日常回も多いです。

 

人間味あふれる個性的なキャラが多いいあひるの空のならではのストーリーであるため、この日常回を楽しみにしている方も多いいのではないでしょうか?

 

僕もその一人です、千秋くん大好きです!!!笑

 

 

 

 

 



 

ストーリー

 

物語ですが、高校バスケをテーマとしています。

 

九頭龍高校(クズ高)で不良の溜まり場であったバスケ部から、高校バスケの頂点を決める戦いであるインターハイ出場を目指して奮闘するマンガです。

 

 

そしてこの漫画の主人公である車谷空くんはなんと!

 

身長は150cm以下!!

 

バスケットボールの世界ではやっぱり身長が高くてなんぼの世界で、現実の世界であってもインターハイの出場校となってくると190cmを越える選手が多数出てきます、、、

 

、、、いやいや!そんなこと知ってるよ!

 

150cmの選手が通用するはずがない!作者設定ミスだよ!

 

と思った方も多いいと思います。僕もその一人でこれどーやって戦うんだろう、、、

 

すごい技術の持ち主で派手なプレーみたいなのかな、、、

 

なんて思っていましたが全然違っていて、流川(スラムダンクのエース的存在)みたいなクールなキャラではなく、1巻読み進めてすぐ不良にボコボコにされてしまいます。笑

 

 

では、そんな空くんの武器とは、そう

 

スリーポイントシューター

 

 

であります。スリーポイントシューターとはなんぞやと、

 

基本バスケットボールの得点は2点です。

 

しかし、スリーポイントラインと呼ばれる一定のゴールから決めれれば2点より多いい3点を取得することができます

 

これで中に突っ込んで華麗な技を決めるのではなく、体の大きさがさほど関係なく得点することができます

 

いやいや、みんなスリーポイント決めれれば最強じゃん負けないじゃん!

 

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが

 

スリーポイントは先ほど申し上げた通り遠くから打つシュートであるため成功率が低く、とても難しいシュートであります。

 

そんなシュートを身長の低い空くんは自分の武器(翼)に変えて戦って行くのです、、、

 

これがあひるの空。

 

 

これがここから始まるストーリーです。

 

 

 

ざっとあひるの空の全貌を話しましたが、内容はこんな感じです。

 

スラムダンクがバスケットボール漫画が最強!とおっしゃられる方も多いいと思いますが

 

あひるの空も同じバスケットボールの漫画であり、スラムダンクとはまた別の魅力のある素晴らしい漫画です。

 

興味を持たれた方は是非買って見てください。

 

きっとあなたのお気に入りとなるキャラクターも見つかるはずです:)